低血圧をコントロールするサプリメント活用|原因に合った対処を

老人

サプリが疲れをとる助けに

目の疲れ

疲れを翌日に持ち越さない

疲れ目は、パソコンやスマートフォンが当たり前になってきた今、実は、大きな社会問題となっています。一日の目の疲れを、次の日に残さないことが大変重要なのです。目の疲労が蓄積されると、眼精疲労や緑内障、白内障といった重い病気にかかる可能性も十分にあります。とはいっても、お仕事でパソコンを使うことはやめられませんし、スマートフォンの利用をやめることも大変なことです。ですので、十分な睡眠をとることと、サプリメントなどを利用することで、疲れ目の症状を改善することを心がけてください。目の疲労はこの2つの面で注意すれば、ほとんどの場合改善されます。サプリメントを利用する場合には、アントシアニンとルテインという成分が重要になってきます。お選びの際は、これらの配合の有無が目安となります。

アントシアニンとルテイン

疲れ目に効果のあるアントシアニンという成分には、疲労の予防、改善や視力の維持し、目の機能を維持する効果があります。アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリーなど紫色の野菜や果物に豊富とされています。一方でルテインは、目に有害な青色光や紫外線を吸収する働きがあり、加齢とともに減っていくとされています。アントシアニンが目の機能維持、ルテインが有害物質をガードするというイメージです。特に、パソコンやスマートフォンの利用が多い方は、ぜひこの両方の成分が配合されたサプリメントを摂取するとよいでしょう。市場には現在疲れ目の改善に特化したサプリメントが数多く存在しているので、選択肢の幅は広くなっています。ただし即効性のあるサプリメントは少ないので、定期購入などで2〜3ヶ月程度使い続けてから、効果の程を判断して下さい。